10月から後期高齢者医療保険が2割の方は負担金が変わります

足先の血流は滞りやすい

こんにちは。
江南市の訪問マッサージ、のぞみ治療室の上田です。
今朝はこの秋一番の寒さとなりました。
その寒さとは打って変わって、日中は汗ばむ陽気でしたね。

さてさて、わたくし施術する時に、寝たきりや半身麻痺の利用者さん靴下をめくって足先を確認することが多いです。

何を見てるかって?

足の血行の状態を見てます。

寝たきりや麻痺の人は、四六時中ほとんど動かすことのない、その足と指先。

やはりというか、多くの人は瘀血(おけつ)になっていることが多い。

瘀血とは東洋医学の言葉です。
簡単に言えば、血の流れが悪くなり血が滞っている状態を言います。
西洋医学で言う所の「チアノーゼ」と言えば分かりやすいか?

寝たきりの利用者さんの足を見ると、指先が赤黒いというか、見るからに血が循環していないといった状態になっている。

この様な時はもちろん下肢全体をマッサージします。
特にふくらはぎや足首あたりは入念に。

血の通り道をほぐして血の通路を確保したら、足指の関節をまんべんなく動かします。

足指を一本一本屈伸。
足指の間を一指づつ広げる。

足の指を触る時は少し注意が必要です。

時々、巻き爪だったり、爪の変形で触ると痛がる人がいます。
基本的に爪には触らない方がいいでしょう。

そして、指の付け根というか母指球の辺りを小刻みに指圧。
そのまま足裏全体を足ツボマッサージの如く指圧。

あとは、足関節を背屈と底屈を繰り返し、ふくらはぎの収縮と弛緩を行えば、瘀血はほとんど無くなる。

でも、時間が経つと戻ってしまうのですが・・・

いかんせん根本治療ではないので。

それでも、末端で滞った血流を再開させてあげれば、きっと気持ちいいと思います。

これから寒くなる季節。

どれだけ靴下を重ねばきしても、根本の血流と代謝が悪いので効果は薄いと思います。
逆にタイトな靴下では余計に血流を圧迫してしまうのでやめた方がいいでしょう。

ではまた!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
江南市の訪問マッサージ
在宅ケア のぞみ治療室

◆ 営業時間 8:30~18:00
◆ 定休日  基本的に日祝
◆ メール info@nozomi-ms.com
◆ お電話 0587-74-5504

※ 施術中は電話に出られません
※ 留守電の場合は伝言をお願いします
※ のちほど折り返しご連絡します

【主な訪問エリア】
江南市・一宮市・岩倉市・北名古屋市・
小牧市・大口町・扶桑町
ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・

コメント

タイトルとURLをコピーしました