令和6年1月現在、午前午後共に訪問枠の空きがございます。

手当ての効果とは?

頻繁ではありませんが、私のところには癌末期の方の施術依頼も来ます。

末期ガンと聞くと余命が頭をよぎってしまいます。
訪問マッサージで何が出来るんだろうと考えてしまいます。

末期ガンの施術目的はADLの維持向上というよりも、疼痛緩和がメインになると思います。
体を少しでも楽にして苦痛を和らげるというか。

痛みが出ていない人ならば、普通にマッサージやリハビリができますが、痛みが強い人だとマッサージもリハビリも痛みを誘発する可能性があり不適応。

触ると痛いわけなので、マッサージという訳にはいかないですよね。よくコリを指圧した時に感じる「痛気持ちいい」という感じではなく、ただ痛いとなればマッサージは不可です。

できるだけ刺激を少なくする必要があるので、擦るか軽く圧迫する感じになる。
それでも刺激が強い場合は「手当て」ということになります。

患部に手を当てると痛みがやわらいだり、癒されたりすることってありますよね?
よくお母さんが、どこかぶつけて泣いている子に手を当てるじゃないですか?
あんな感じです。

これは迷信でもスピリチュアルでもなく実際痛みを紛らすことができるのです。

痛みの感覚をつかさどる神経線維と、ソフトタッチの感覚をつかさどる神経線維は別で、脳に伝わる神経伝達スピードがそれぞれ違うことにもよりますが、それだけでもないのです。

ただ、手当てが効くと言っても、効果が出やすい人と出にくい人といるんですよね。
もし、手当てをしてもらうなら、どんな人にしてもらいたいですか?

手が冷たい人は嫌ですよね?

手が温かいのはもちろんのこと、顔色が良くて元気があって明るくて優しい感じの人ではないですか?
逆に顔色が悪くて覇気が無くて暗く沈んでいるような人は遠慮したいですよね?

手が冷たい温かい以外に何が違うんでしょうか?
両者は代謝量に違いがあると思います。
代謝のいい人というのは基礎体温も高いから概ね手のひらが温かい人が多い。

人体には微弱な電流が流れていますが、基礎代謝が高い人は微弱な電流の流れもスムースです。
電流の流れがスムースということは、そこから磁場も出てくる。

近くに居ると何となく元気がもらえる!とか、
場が明るくなる人というのは磁場が強いはず。

もう一つはバイブレーション。

万物には固有の振動数というのがって、元気な人、明るい人というのはポジティブなバイブレーションを発しています。だから、明るく元気な人と一緒に居ると、こっちまで元気になるのです。
バイブレーションが伝播するわけです。

もし、このような人から「手当て」を受けたら、きっと楽になったり元気が出たりすると思います。

こんなことを書くと「先生はどうなの?」と聞かれそうですが・・・(汗)

私の場合、基礎体温は高めで手のひらも温かいことが多いですが、自分では分かりません!

ということで、病気で苦しんでいる人には手をかざすだけでも効果はあるという話しでした。

江南市の訪問マッサージ
在宅ケア治療室

脳梗塞後遺症/パーキンソン病/退院後のリハビリ/
関節拘縮防止/床ずれ防止/寝たきり防止/

◆ 営業時間 午前8:30~19:00
◆ 定休日  日祝日
◆ メール  info@nozomi-ms.com

※ できるだけメールでお問い合わせください。
※ 施術中は電話に出られません。
※ 留守番電話に伝言をお願いします。

【主な訪問エリア】
江南市・一宮市・大口町・扶桑町

コメント

タイトルとURLをコピーしました