脳梗塞後遺症の関節拘縮は痛みを出さないように動かす

江南市の訪問マッサージ
在宅ケア のぞみ治療室です。

月曜日から土曜日まで日々在宅ケアに走り回っております。

その中で一番多いのは脳梗塞後遺症でしょうか。
毎日必ず1件は脳梗塞のリハビリとマッサージをしています。

脳梗塞といえば体の片側の麻痺が特徴ですね。
半身が動かないも大変ですが、厄介なのは関節が曲がったまま固まってしまう関節拘縮でしょうか。

これは人によってまちまちですが、酷い場合には少し動かすだけでも痛みが生じます。

私たちマッサージ師や理学療法士たちは関節拘縮を予防するためにリハビリをするわけですが、これもやり方を間違えるとかえって逆効果、硬くなってしまいます。

麻痺はしてても反射ですので脳は関与しません。

一度痛みの強い施術をやってしまうと、次からは意識的に身構えてしまい拘縮が余計に硬くなってしまいます。

前屈のストレッチを例にとると。
第三者から痛いくらい体を押されると、筋肉は防御のために伸びるのをやめてしまいます。
いくら前屈しようと意識で介入しても反射的に縮もうとするのです。

なので、脳梗塞後遺症の関節拘縮をリハビリする時は、いかに痛みを出さずに動かすかということが大事なんですね。

この辺りは術者の経験に裏打ちされた手の感覚が重要になります。

痛みを生じさせる前に寸止めする感じでしょうか。

ではまた!

ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・
江南市の訪問マッサージ
在宅ケア 治療室

マッサージ・はりきゅう・リハビリ

営業時間 8:30~18:30
定休日  基本的に日祝
メール info@nozomi-ms.com
お電話 0587-74-5504
※ 施術中は電話に出られません。
※ お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。
※ 折り返しご連絡いたします。

お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・

【訪問実績】

江南市・一宮市・犬山市・岩倉市・北名古屋市・小牧市・春日井市・名古屋市北区、西区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です