江南市の在宅専門治療室です。健康保険適応の訪問マッサージ。出張による整体・鍼灸・マッサージ。波動測定器メタトロンで個々の体質に合った食性のチェックをしいます。

初めての方

  • HOME »
  • 初めての方

在宅ケア専門です

のぞみ治療室は、元々体の不自由な人や病気で通院が難しい人たちにケアを施す治療院、
【のぞみマッサージサービス】から始まりました。 
そのため治療院としての店舗を出していません。
全て出張専門でご自宅や施設または職場に出張して施術を行っています。

えっ!他人を家に入れるのはちょっと・・・

一番の問題は見ず知らずの人を自宅に入れることではないでしょうか?
在宅介護をしている家庭ではヘルパーさんなど介護関係者の出入りがあるため、他人の出入りには慣れている場合が多いです。
あと自営業の方なども職場や事務所が使えるので他人を招き入れる抵抗は少ないでしょう。
しかし在宅介護をがなければ、他人が頻繁に出入りすることはほとんどありません。
他人を自宅に入れるのに抵抗があるのは無理もないです。

メリットも多い出張による在宅ケア

健康保険が適応となる訪問マッサージの場合は、病気や障害で通院が難しく治療院まで通えないために、自宅や施設への出張治療は非常に喜ばれます。
クルマや交通機関を利用して治療院まで通うことが問題なくても、出張を利用するメリットはあるものです。

・小さなお子さんが居ても自宅なら大丈夫。
・誰かに見られたり内輪話も聞かれない。
・化粧など外出の支度をする必要がない。
・忙しい時間を有効に使える。
・他人に聞かれたくないデリケートな話もできる。

そもそも足腰が悪かったり障害があったりして治療院まで通えない方にとっての出張治療は必要不可欠ですが、お子さんが小さかったり病人が居たりすれば手も掛かるし目も離せません。毎日が多忙な人は治療に行きたくても身支度して治療院に通う時間も割きたくありません。
そんな方たちのご要望にお答えして、直接ご自宅や職場や事務所にお伺いして施術を行うのが当院のスタイルです。

在宅ケアを始めたわけ

がん脳卒中パーキンソン認知症・・・
現場に入って初めて知った介護の現状。
寝た切り老人元気な老人この両者の違いは?
美しく若々しく健康に老いることは可能なのか?

 

当治療室は元々介護現場の在宅医療からスタートしました。
現在も病気や障害で体が不自由な人や、多忙な日々の疲れを癒したい人々の元へ、毎日リハビリやマッサージ、一般治療にうかがっています。

昔は、鍼灸接骨院を中心に鍼灸院やマッサージ店などで施術にたずさわっていました。
ある時、体が不自由で治療院に通えない方からの依頼を受け初めて治療院以外で往診をするようになりました。
それが切っ掛けとなり日本における高齢化社会の現状を知ったのです。

私の家族やまわりの知り合いに介護を受けている人がいなかったので知りませんでしたが、介護の現場に足を踏み入れてみると、今までの日常生活では見たことのない現状があり、相当ショックをうけました。

街で普通に見かける高齢者は、グランドゴルフを楽しんだり、カラオケ喫茶で歌ったり、畑仕事をしていたり、趣味の教室に通われていたり、それなりに引退後の生活を楽しんでいる人ばかりだと思っていたのです。

私たちは普段、街で介護を必要としている人たちを目にすることはありません。持病で病院や治療院に通っているお年寄りもいますが、基本的には自立できています。それが在宅や施設で介護の現場を見ると・・・。

・治らない難病に苦しむ人。
・寝たきりで天井を見ているだけの状態。
・手足が曲がったまま拘縮し動けなくなっている人。
・認知症が進み意思疎通ができなくなった人。

施設内からは悲痛な叫びともとれる声が聞こえてきます。

高齢になってもグランドゴルフをしたり喫茶店で友人と会ったり、家族と食事に行ったり、引退後も特に不自由なく暮らしている人もいます。それとは対照的に、施設や自宅の一室で介護が無くては生活していけない人もいます。そして高齢と言うにはまだ若く、60代や70代で旅立たれていく人たちも何人も見てきました。

そんなある時、自分の中にひとつの疑問が生じていました。

「なんで歳を取るとこんなにも違いが生まれるのだろう?」
「運が悪かったとか、たまたまでもないだろう?」
「いったい何がこの両者の違いを生んでしまったのか?」

このように考えるようになったのです。

寝たきりの人を減らしたい

そして私は
「老後に病気で苦しまないようにする生き方とは?」
「寝たきりにならない為の生き方とは?」

こう考えるようになってきました。
子供たちはもちろんのこと、若者たち、働き盛りの中高年の人たち全員が病気で苦しまない老後を迎えてほしいと本気で思っているのです。
私は普段、在宅医療の現場で高齢や障害や病気で体の不自由な人々のケアに携わっていますが、私の在宅療養の仕事がどんどん減っていってほしいと本当に思うのです。

本質は全て同じ

どうしたら病気にならずに老いることができるのか?

この事を元に色々と調べていくうちに、

「体に関する不調のほとんどは、本質的に全て同源」

という事がわかりました。要するにほとんどの事は 毎日の食習慣・生活習慣・精神状態を変えるだけで解決 する可能性が高いというわけです。

結局、健康のまま老いるという事は今でいう所の アンチエイジング にもつながります。もしアンチエイジング目指すのであれば、毎日の健康習慣や食習慣の積み重ねが大事なのです。アンチエイジングに本来必要なのは、 小手先の対症療法やサプリメントや化粧品ではない のです。外を変えていくより先に体の内側から変えていかなければ本当の意味での美容やアンチエイジングにはならないのです。

40歳を 過ぎて体型が気になり始める人も多いと思いますが、食習慣や生活習慣が健康的になってくれば、おのずと体重はその人に合った適正値にもなるわけで、 勝手にダイエット にもなるわけです。
体重が適正値になれば膝や腰の負担も減り、加齢による変形性膝関節症や腰痛症などの症状も緩和されますし、体が軽やかに動くようになれば慢性的な肩こりも緩和してくるわけです。これだけ体が変化してくれば「最近疲れやすくなった」という事も感じにくくなるはずです。

また近頃は不妊症でお悩みの女性も多いですが、これはけっして器質的な問題だけではないですし男性側の問題も少なからずあるわけです。もし女性に問題があったとしても自分の体みずからが「子供を授かるのに適している状態ではない」(健康な状態ではない)と判断して、あえて妊娠しないようにしている。そう考えます。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0587-74-5504 受付時間 8:00 - 19:00 [ 日・祝日除く ]

身体と健康のブログ

MTRメタトロン


訪問マッサージ


 



Facebook

リンクページ

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © のぞみ治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.