江南市の在宅専門治療室です。健康保険適応の訪問マッサージ。出張による整体・鍼灸・マッサージ。波動測定器メタトロンで個々の体質に合った食性のチェックをしいます。

大腿骨頚部骨折

  • HOME »
  • 大腿骨頚部骨折

大腿骨頚部骨折とは

大腿骨頚部骨折は高齢者に多発する骨折です。
若い人の骨折と異なり、後遺症が残りやすく、その後の日常生活に支障をきたす事が多いです。
骨粗鬆症と転倒が骨折の原因で、女性に多く寝たきりの原因になる主要疾患です。

寝た切りを防ぐには

国の発表では、転倒骨折が寝たきりの原因の第4位になるそうです。
転倒骨折では安静期間が長くなりがちですが、長期の安静を必要とする保存的治療は危険です。
病院では手術後早い段階でリハビリが始まります。

病院では、骨折→入院→即手術となり、リハビリも早くに開始されます。
しかし退院後に安静にしたままだたり、動くのが億劫でリハビリしようとせず、寝たきり状態になってしまう事が多いのです。
退院後、1週間寝込むだけでも10%~20%も筋力は低下します。元々高齢で筋力が弱いうえに20%近くも筋力が落ちれば、早い段階で立てなくなったり歩けなくなったりしてしまいます。

退院後はすぐに機能訓練(リハビリ)を行う事が重要です。
基本的に退院後は手術により骨折は治っていると考えてよく、退院したらすぐに座る、立つ、歩く、という日常生活動作を開始しても大丈夫です。

のぞみマッサージサービスでは

骨折後は足をあまり動かさなかったために、筋肉がこわばったり血液やリンパ液の流れが悪くなったりします。
そして股関節、膝関節、足関節など関節の動きも硬くなりがちです。
これらを解消するために、マッサージや関節可動域訓練を行い、血行を促進しリンパ液の流れを良くし、関節の正常な動きを取り戻していきます。
また低下した筋力を戻すため運動法を取り入れながら、寝た状態から起き上がる、座る、座った状態から立ち上がる、立って歩く、という流れて機能訓練(リハビリ)を進めていきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 0587-74-5504 受付時間 8:00 - 19:00 [ 日・祝日除く ]

身体と健康のブログ

MTRメタトロン


訪問マッサージ


 



Facebook

リンクページ

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © のぞみ治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.