訪問マッサージとは国家資格を持ったマッサージ師や鍼灸師(訪問はりきゅう)がご自宅・老人ホーム・グループホームに訪問し、疾患や障害のため関節が拘縮したり筋肉の麻痺で不自由になった体に、マッサージ、機能訓練(リハビリ)、鍼灸治療を行う健康保険を利用したサービスです。

介護をする中でのお悩み

  • 筋力が落ちトイレ介助をするのが大変になってきた
  • 病院のリハビリに毎回連れて行くのが大変
  • 毎日の自宅介護で腰を痛めてしまった
  • 刺激の無い毎日で認知症にならないか心配
  • トイレだけは自立していて欲しい

自立度が低下すると疾患や障害のあるご本人も、またその介護に当たるご家族様や施設職員様も多大な負担がのしかかります。そのような負担をできるだけ軽減するためにも、訪問マッサージがお役に立てると信じています。

腰痛画像

健康保険が適応となる方


手足の関節に拘縮がある方や脳梗塞や神経障害で筋肉に麻痺があり歩行が困難な方、疾患や障害のため寝たきり状態の方が対象になります。

過去にあった主な症例
脳梗塞後遺症 脳内出血後遺症 くも膜下出血後遺症 パーキンソン病
脊髄小脳変性症 多系統萎縮症 脊椎圧迫骨折後 変形性膝関節症
脳性小児麻痺 関節リウマチ 廃用症候群

 

関節拘縮・筋麻痺・歩行困難であれば傷病名は関係ありませんので、上記に該当しない方でも自立歩行が難しい状態であればご相談ください。

関節拘縮や筋麻痺などが無く、痛みが主症状の場合には訪問マッサージで保険が適応出来ない場合があります。このような痛みで歩行が困難になっている方で、訪問はりきゅうで保険で適応できる場合がありますのでご相談ください。

それでも判断に迷った場合、

『ひとりでは外出できない』

状態であれば健康保険が適応する場合もありますので、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。

 

先ずはお問い合わせください。0587-74-5504受付時間 8:30-18:30 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら