訪問マッサージとは国家資格を持ったマッサージ師や鍼灸師(訪問はりきゅう)がご自宅・老人ホーム・グループホームに訪問し、マッサージ、機能訓練(リハビリ)、鍼灸治療を行う健康保険を利用したサービスです。

介護をする中でのお悩み

  • 筋力が落ちトイレ介助をするのが大変になってきた
  • 病院のリハビリに毎回連れて行くのが大変
  • 毎日の自宅介護で腰を痛めてしまった
  • 刺激の無い毎日で認知症にならないか心配
  • トイレだけは自立していて欲しい

自立度が低下すると疾患や障がいのあるご本人はもちろん、その介護に当たるご家族様にも大きな負担がのしかかります。そのような負担をできるだけ軽減するためにも、訪問マッサージとリハビリがお役に立てます。

腰痛画像

健康保険が適応となる方

手足の関節に拘縮がある方や脳梗塞や神経障害で筋肉に麻痺があり歩行が困難な方、疾患や障害のため寝たきり状態の方が対象になります。

過去にあった主な症例
脳梗塞後遺症 脳内出血後遺症 くも膜下出血後遺症 パーキンソン病
脊髄小脳変性症 多系統萎縮症 脊椎圧迫骨折後 変形性膝関節症
脳性小児麻痺 関節リウマチ 廃用症候群

 

関節拘縮・筋麻痺・歩行困難であれば傷病名は関係ありませんので、上記に該当しない方でも自立歩行が難しい状態であればご相談ください。

関節拘縮や筋麻痺などが無く、痛みが主症状の場合には訪問マッサージで保険が適応出来ない場合があります。このような痛みで歩行が困難になっている方で、訪問はりきゅうで保険で適応できる場合がありますのでご相談ください。

 

継続が大事なのは分かるけど、
頻繁には病院に連れていけない!

マッサージや機能訓練(リハビリ)は継続した方が効果があるのは分かっていても、毎回クリニックや治療院に連れて行くのは大変ですよね?
半日デイサービスのリハビリも送迎こそありますが、大半は自分自身でやる体操で、他の利用者も多くあまり体を触ってもらえない。などの悩みを耳にします。

そのような時は自宅や老人ホーム内で施術を行う訪問マッサージをお試し下さい。

訪問マッサージであれば、国家資格を持ったマッサージ師や鍼灸師が、ご自宅や老人ホームまで伺いますので送迎の手間もありませんし、寝たきりであっても車イスに移乗させたりする必要もありません。そして健康保険が適応する場合は病院と同じ1割のご負担(または3割、0割)で、施術を受けることができますので経済的な負担も減ります。もちろん施術代のほか往診代も保険でまかなわれます。

経済的な負担が少なくなれば、週2回や3回のペースで長期にわたり安価にマッサージや機能訓練(リハビリ)を継続することができ、マンツーマンで利用者様に合わせたオーダーメイドの施術ができるので、より高い効果を期待できます。

お問合せはメールかLINEを0587-74-5504受付時間 8:30-18:30
[ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら