寝たきりであっても座らせてあげましょう

江南市と近隣地域の訪問マッサージ。
在宅ケアのぞみ治療室の代表上田です。

寝たきりの方の関節拘縮について書いてます。

拘縮を防止するためには寝たきり状態であっても、当たり前のように寝せておくのではなく、出来るだけ起きている時間を作りたいところです。

ほとんどの寝たきりの人は、医学的に起き上がると危険、ということは無いと思います。
自力で起き上がれないから、自立して座っていられないから寝せているに過ぎないのではないでしょうか?

人間の体は起き上がっている状態を前提に作られているので、四六時中寝たままというのはかなり不自然ですし、この様な状況に置かれている人はかなりの苦痛を感じていると思います。

毎日毎日、寝た状態で過ごす寝たきりの方は、姿勢が常に同じ状態になるため、特定の筋肉ばかりが緊張してしまい、拘縮に発展しやすくなります。
関節拘縮の問題は自宅介護をしていく上で出来るだけ避けたいものです。

この関節拘縮を防ぐ方法の一つとし、ベッドから離床させるというのがあります。
一日中寝かせておくだけでなく、座る時間も作ってあげるという事です。
医学的に起きてはいけない方は無理ですが、問題が無ければ是非やっておきたいところ。

寝たきりの人をベッド横に座らせるのはそう難しくありません。
少し練習すればだれでも出来るはずです。
よっぽど老々介護でなければ。

もし座らせることが出来るのであれば、一つ注意しておきたいことがあります。
それは必ず寝たきりの方の横に座って、倒れないよう体を支えてあげる事。
長期間寝たきりでいる人の多くは、姿勢反射が喪失しています。
単独では座ってられず、支えないと倒れてしまいます。
なので必ず隣に座って支えます。

この時、いつも圧迫されている背中を擦ってあげるといいでしょう。
もし両下肢が麻痺していなければ、おじぎ体操するのもいいと思います。
座った状態でおじぎをすると分かりますが、おじぎは頭が前方に倒れます。
すると両足に体重が乗るので、おじぎするだけで両下肢の運動になるのです。
これを座っている方の前方から支えながら数回行うといいでしょう。
勝手に足のリハビリになります。

寝たきりのご家族がいらっしゃるなら、一日一回でいいのでベッド横に足を下ろして座る時間を作ってみましょう。

老々介護や腰痛持ちの方は無理できませんので、在宅ケアでリハビリやマッサージを専門に行う、訪問リハビリや訪問マッサージを取り入れるといいと思います。この二つは共に健康保険課介護保険が使えるはずです。
もちろん当治療室でもやってますので是非ご利用ください。

新型コロナの問題で、デイサービスにも行けず自宅にこもりっきりになっているならなおさらです。
老人ホームなど入居施設での対応も可能ですが、現在多くの入居施設は新型コロナの問題で、リハビリやマッサージであっても入室禁止にしてあるところが多いので確認が必要になります。

ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・
江南市の訪問マッサージ
在宅ケア 治療室

マッサージ・はりきゅう・リハビリ

営業時間 8:30~18:30
定休日  基本的に日祝
メール info@nozomi-ms.com
お電話 0587-74-5504
※ 施術中は電話に出られません。
※ お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。
※ 折り返しご連絡いたします。

お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・

【過去の訪問実績】江南市・一宮市・犬山市・岩倉市・北名古屋市・小牧市・春日井市・名古屋市北区、西区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です