訪問マッサージ、股関節頚部骨折の場合

のぞみ治療室、代表の上田です。

今日は股関節頚部骨折について。

股関節頚部骨折は高齢の方で特に女性の方に多い骨折です。
私も今まで何人かの利用者様を担当をしてきました。
股関節の骨折部位によって名前が違ってくるようですが、ここは簡単に全てまとめて股関節頚部骨折ということで話していきます。

高齢者の受傷原因としては転倒によるものが大半です。たいていの場合は受傷ごすぐに入院して人工骨頭置換術が行われ、年間発生人数は15万人以上と言われてます。そして現在元気な方でも過去に人工骨頭置換術を施した経験のある方もよく見かけます。

私たち鍼灸マッサージ師が担当するのは、病院でのリハビリも終了し自宅や施設に戻ってきてから。
なので退院後にマッサージや機能訓練(リハビリ)をご自宅か老人ホームで担当することになります。退院後もしばらくは痛みや腫れ熱感があったりする為、それが治るまではその患部を触ることはできませんが、患部から離れた場所で腫れや熱感が無ければその部分はマッサージできます。

その目安となる方法で一番確実なのは、

患者さんに聞くこと!
そしてもっといいのは直接体の声を聞くこと!

触られて気持ちよくないのは拒按と言って、体が触られるのを拒否している状態
逆に触られて気持ちいいのは喜按と言って、体が喜んでいる状態
この状態なら揉んでも問題ないでしょう。

痛みや熱感や腫れが無くなってくれば関節可動域訓練も始められます。その場合は仰向け状態で股関節の屈伸運動を行いますが、もし体が拒否しているようなら仰向けにこだわらず、ベッドに端座位になった状態で前屈運動を行います。その方が患者さんも恐怖心が少なく動かせる場合が多いです。

そして筋力トレーニングは股関節をまたぐ筋肉を中心に行います。
股関節をまたぐ主要な筋は大腰筋と臀部の筋。
これらの筋を動かすことが中心になります。

どちらにしても臨機応変。
人それぞれ術後の経過が違います。
その人その人に合った一番最適な方法で、のぞみ治療室では施術を進めていきます。

骨折ごにそのまま車椅子生活や寝たきりにならないように、私たちと一緒に頑張ってみましょう!

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
訪問マッサージ・訪問はりきゅう
在宅ケア のぞみ治療室
パーキンソン病・股関節頚部骨折

江南市、一宮市、岩倉市、北名古屋市、
扶桑町、大口町、名古屋市西区北区
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です