こんにちは。
江南市の在宅専門のぞみ治療室の上田です。
今日は食事法に関する話し。

まずは情報判断。
情報を判断する時に何を基準に判断するか。

外の情報を基準にするか?
自分の中の情報を基準にするか?

最近は食に関してもそれを感じるようになりました。

今、体にいいと言われる食事法は何種類もあります。
最近では糖質制限ですか。
これはいわゆる「肉を食らえ!」ってやつですね。

草食系ではマクロビオティックとかベジタリアンってのもありますね。
フルータリアンもあった。

なんでもいいんですけど。  
実際は自分の体の状態に合った食べ方であればいいわけ。
それで病気もなく体調もいいのであれば問題なし。
でも体に合った食事法って意外と自分じゃ分かんない。
 
人によっては糖質制限で健康。
人によっては肉食で健康。
人によっては草食で健康。  

だからどの食事法をしても健康になったり病気が治ったりする人がいるわけです。  
でも自分が信じて行っている食事法が的外れだったら?
まったく健康にならない。
ならないどころか調子を悪くする。
でも信じているから調子を悪くしてもやめられない。
外からの情報だけを信じているから。
自分の体の声を聞いて判断できればいいのですが、これがなかなか現代人には難しい。 

どの食事法が善悪というより、人それぞれその時の状況によって合う時も合わない時もあります。   
人間様は大脳皮質があまりにも発達しているせいか知識が有り過ぎるのか、自分で自分の事がわかんない。   
結局、どの食事法にするかの判断は外の情報に頼らざるをえない。
 
テレビでやってた。
雑誌に書いてあった。
有名人がやってる。
お医者さんに言われた。
本で読んだ。
どっかの指導者に言われた。

とか。  

でも野生動物の場合はそんな知識ないから本能のままに自分の感覚だけで判断して食べている。  
そこに体に良いとか悪いとか、体に悪いけど美味しくてやめられないなんて事は考えないわけです。
ひょっとすると大昔の人間も自分の内側の感覚だけで敏感に食べ物を判断していたのかもしれない。  
傷んでる腐ってるくらいなら現代人でも視覚味覚嗅覚で簡単に判断できるでしょう。
これができなきゃ簡単に死んじゃいますから。

自分の今の体の状態に合うか合わないか?
どの食事法がいいか?
自分の感覚だけでこの判断ができる人って相当少ないと思います。  
その感覚が失われている現代は何を基準に自分に合う合わないを判断するかが重要になってきます。  

それでどうするの?
という話なんですが。
 
それは・・・

感覚の鈍くなった現代人は科学的に客観的に食性を見れる機械に頼るのもアリです。

その客観的に食性を見るため機械を、のぞみ治療室ではメタトロンという波動測定器で行っています。
詳しくはメタトロンのページを読んでいただきたいのですが、なかなかなの優れものです。
測定できるのは食性だけでなく、サプリメントの相性、ハーブの相性、パワーストーンの相性なども分かります。
相性が分かるという事は、相性の悪いものも分かるという事です。
これによって今世の中に数ある食事法で、何が今の自分に一番合っていて、何が一番合わない食事法か分かります。

もし今、健康と言われる食事法を実践しているが、今一つ効果が出ていない方は今の食費法が合っていない可能性があります。
一度メタトロン測定を試してみると良いでしょう。

MTRメタトロンについてはコチラ。

メタトロン

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・- ・-
【愛知県江南市の在宅専門治療室】

食習慣改善と体質改善で根治を目指す
 治療室

在宅介護中の訪問マッサージは
在宅ケア のぞみマッサージサービス
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー