こんにちは。
江南市の在宅療養専門のぞみ治療室の上田です。

毎日毎日食べては消化食べては消化、
腹がふくれたり腹が減ったりの繰り返し。
生きるために必要な当たり前の出来事。

食べてお腹が満たされれば消化は自動運転。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
とはちょっと違いますが、
喉元過ぎれば後は自動運転。
便意がもよおすまでは。

食べた物が喉元を過ぎた後、
お腹の中では何が起きているんでしょうね?
最初にたどり着く臓器
「胃」では何が起こっているのか?

食べ物が胃の中で留まる時間?


果物・・・・・約30分

バナナはもう少し長くて1時間位らしいです。
どちらにしても果物自身が消化酵素を
持っていたりするのでとてもスムースです。

野菜・・・・・約1~2時間
野菜も果物と同じ理由で酵素を
たくさん含んでます。

炭水化物・・・・・約2~4時間
ほとんどの人が炭水化物過多なので、
最低このくらいは胃の中に入りっぱなし。

タンパク質・・・・・約4~6時間

タンパク質にも動物性や植物性など
ありますし、一概には言えませんが、
肉なんかだと12時間以上なんて、
本やネットなんかの情報では
書いてあったりもします。

しかし・・・・。

僕はあまり信じていません。

果物は消化も早いと思いますが、
野菜と肉に関しては『ちょっと待った!』
って感じですね。

それに肉ってそんなに消化が遅いでしょうか?
逆に野菜は消化いい物でしょうか?
私は、肉は消化が早いと思いますよ。
野菜は消化が遅いと思いますよ。

だいたい野菜というのは食物繊維です。
食物繊維は人間の消化酵素では分解できないはず。
植物の細胞膜はとても硬く、
やはり人間の持つ消化酵素では破壊できないはず。

汚い話ではありますが、
酒飲みの方なら皆さん経験があるでしょう。
飲み過ぎて嘔吐した経験が。

その時の内容物って見えますよね?
その中に肉は入ってましたか?
ほとんどがグチャグチャで形も分からない。

その中にあって形が分かるものも有ったはず。
その形があった物は・・・・。

野菜。

そう!
他の物が胃の中でドロドロになっている中、
しっかり原形をとどめているのは
消化の悪い野菜などの植物。

あと焼肉やバーベキューなど、
肉をたらふく食べた次の日。
トイレに行くと・・・。
意外と少ない。

元々人間の消化器官は植物よりも
動物性タンパク質の方が
消化しやすいのでしょうね。

こんな事を書くと
「肉を食べると胃がもたれるんですが?」
と言われそうですね。

これは油が悪いのか、肉が悪いのか、
もう一つは、炭水化物過多の食生活で
胃が肉を分解する能力が低下して、
胃壁が萎縮してるんでしょうね。

それにしても、胃の中の事をどうやって
調べるんでしょうね?
単一の食材だけ食べてエコーなんかで
調べるんでしょうか?

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・- ・-
【愛知県江南市の在宅専門治療室】

整体・鍼灸・マッサージ・メタトロン
 治療室

在宅介護の訪問マッサージは
在宅ケア のぞみマッサージサービス
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー