こんにちは。
愛知県江南市にあるのぞみ治療室の上田です。

日本人の胃腸は長くて欧米人の長さは短い。
このような話を耳にする事があります。

理由は、日本人は農耕民族で
食物性繊維を多く食べ、
外国人は肉食がが多いという事から
そのように言われているようです。

しかし実際の所は、
欧米人も日本人も
腸の長さは変わらないようです。

(日本消化器内視鏡学会誌2013)

もともと人間は雑食動物です。
約1万年前に農耕がはじまるまでは
300万年近くを狩猟採取しながら
獲物などをとって生きていました。

日本で農耕が始まったのは
縄文時代の約4000~5000年前と
いわれ、本格的に農耕が始まったのは
弥生時代からのようです。

長い人類の歴史から考えると、
日本人が農耕民族になってまだ
2000年くらいなんですね。
この程度の期間では、まだまだ
腸の長さが変化するような進化は
おこらないようです。

しかも農耕が始まってからも
すぐにコメなどの穀物ばかりを
食べてきたわけではなく、
仏教が浸透して

「獣肉がけがらわしい」

という教えが浸透するまでの間は、
日本人も動物を食べる事が
多かったといわれてます。

日本人は腸が長いから
肉食よりも穀物や野菜を食べるほうが
適している。そんな事はないんですね。

胃腸

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【愛知県江南市の在宅専門治療室】

食習慣改善と体質改善で根治を目指す
在宅ケア 治療室

在宅介護中の訪問マッサージは
在宅ケア のぞみマッサージサービス

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-