こんにちは。
江南市の在宅専門のぞみ治療室の上田です。

私は昔、治療技術ばかりを追い求めてました。

鍼灸マッサージ師は日頃から手技などテクニックの習得に余念がない治療家が多いです。
資格取った後に何も勉強しない治療家と比べれば良いことです。

私自身も駆け出しの頃は、ひたすら治療テクニックの勉強ばかりしていました。

どうやったら症状を消せるのか?
どうやったら痛みが消えるのか?

ここにフォーカスするのは治療家として当たり前だし重要ではありますが、このような勉強を長いことやっているとある時に気づくのです。

「一時的には良くなるけど根治はしてない」

治療家だけではどうしても限界があるので、患者さん自身も行動しないとやっぱり治らないんですね。
結局、本人自らも治すためにアクションを起こさなければ、根本的には治らないという事に気づくわけです。
医者や治療家に丸投げしているだけでは症状は抑えられるかもしれないが根本的には治らない。
まあ症状さえ抑えられれば患者さんの目的は達成されたとも言えますが・・・

私は現在、自然療法的な治療法の勉強に取り組んでいます。
その理由の一つとして、「介護の現場で高齢者の現状を見てしまった」というのがあります。
今では慣れてしまいましたが、初めて在宅介護のお宅に訪問した時や初めて特別養護老人ホームに訪問した時はとてもショックを受けたのを覚えています。
人の最期とはこんなにも悲惨なものかと。
まるで現代版姥捨山

介護が必要な人、介護の必要のない人

歳を取っても健康のままの人がいる反面、体の自由を奪われ生活もままならない人。
なぜにこれほどハッキリと分れるのか?
それは私が思うに、不慮の事故や先天的なものを除けば、何十年にもわたる生活習慣や食習慣の積み重ねではないかと思えるのです。

・健康になるにはどうすればいいのか?
・健康体のまま自然に老いていくにはどうすればいいか?
・健康を失った時はどのように対処していけばいいのか?

以上の事をテーマに、
有意義な老後を送るにはどうしたらいいのか?
どのような習慣を積み重ねていけばいいのか?
そういった観点で日々勉強しているわけです。

あと情報収集に関しては、特定の健康法に偏ることが無いよう、世界中の健康法に関する書籍や自然療法家が書いた書籍、またはその道の専門家や医師の発信する情報を元に勉強させて頂いてます。

不快な症状を抑え込むことも時には必要かもしれませんが、根本的なことから変えていき、元から病気を断つ事が将来介護を受ける事なく有意義な人生を過ごす最良な方法だと思います。

達者で丈夫で元気な人生を送りたいですね。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・- ・-
【愛知県江南市の在宅専門治療室】

個々に合わせた食事法で体質改善
 治療室

江南市の脳梗塞・パーキンソン・寝たきり防止
在宅ケア のぞみマッサージサービス
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー