おはようございます。
江南市の在宅専門のぞみ治療室の上田です。
今朝は6℃辺りまで気温が下がり秋も深まってきました。
それに伴い空気も乾燥し風邪など注意しなければいけない季節になってきましたね。

風邪と言えば鼻づまり。
風邪でなくても鼻の問題を抱える人は多いと思います。
花粉症、蓄膿症などなど。
ちなみに私はアレルギー性鼻炎です。

アレルギー性鼻炎

実はわたくし小さな頃から鼻が悪く、よく耳鼻科に連れていかれてた記憶があります。
物心ついた時から鼻が詰まっていたので不快というよりこれが普通の状態「鼻は詰まっているもの」という感覚だったので特に気にもしてませんでした。

アレルギー性鼻炎ということはアレルゲンがあるわけで、私の鼻炎をおこすアレルゲンは当時のアレルギー検査では

・ハウスダスト
・ダニ

という判定でした。
幸い?なことに花粉の反応は無かったです。

ダニと埃が原因なので、それさえ気を付ければ生活の中で鼻水が止まらないとか気になる事はほとんどありませんでした。気にならないので大人になっても放置していたわけなんです。

それがなんと!
この慢性的な鼻づまりを48歳の時解消することができたんです。
今では鼻づまりになるのは風邪気味の時くらいしかありません。
勝手に治ってしまったというより何かをしたわけで、何をしたかというと・・・

ネティポット

インドの鼻洗浄ですね。

この慢性的な鼻づまりを48歳にして
解消したツールがこれ!
ネティポット

ヨーガとかアーユルベーダをご存知の方は知っていると思います。
インドに伝わる鼻洗浄法です。

『鼻の中に水を入れるんですか?』
『鼻が「ツーン」としませんか?』

なんて声が聞こえてきそうですが、そのまま水道水でやれば確実に涙涙です。
昔まだネティポットの存在を知らない頃、一度だけお風呂で試した事があります。
それもふろの湯で。
そしたら、鼻は痛いわ涙は出るわ、気道に入ってむせるわで散々な結果になりました。
こりゃ無理だってことで、今思えば当たり前なんですが。

それから3年くらい鼻洗浄の事は忘れていましたが、2年ほど前に正しい方法を知る機会があり始めたのです。そしたらなんとスッキリすること!
あまりにスッキリするので、今では完全に習慣化して毎日実践しています。

今からやり方や注意点を書きますのでアレルギー性鼻炎の方や、蓄膿症の方、鼻の通りが悪い鼻くそがよく溜まる方など、ぜひやってみてください。

【やり方と注意点】

1、水道水をそのまま使わない。
水道水を使うならせめて浄水器を通して塩素や重金属などを取り除く。
又はミネラルウォーター。

2、食卓塩は使わない。
食卓塩は塩化ナトリウムといって不純物を取り除いた純度99%以上のナトリウム。
これは使いません!
使用する塩はあら塩や岩塩などミネラル成分が入ったものを使います。

ちなみに塩分濃度は生理食塩水と同じ0.9%がいいのかもしれませんが、あまり気にしてないので実際私は計ったことないです。私の場合、少ししょっぱいくらいの濃度で作り、やった時に鼻に「ツン」とこなければOKにしてます。こんな感じで味見だけで適当に作ってます。

これから冬の季節は人肌に温めた方がやりやすいでしょう。

準備が出来たら次にやり方です。

1、洗面台で頭を横向きに傾けます。
上の鼻の穴にネティポットを押し付け徐々に注いでいきます。
すると下の鼻の穴から出てきます。
口は閉じずに開け、息を吐きながらやると流れやすいです。
そしてまた反対側をやります。

2、次に顔を上に向け鼻の奥に注ぎます。
鼻水をすすって口から出す時の要領で鼻から吸って口から出します。
そして反対側。この流れでネティポットの水が無くなるまでやります。
あとは顔を洗って拭いて、テッシュで「チ~ン」と鼻をかめばOK。

鼻に問題のある方、騙されたと思ってやってみてください。

「もっと早く知っていれば・・・」

そう思いますよ。
肝心の道具ですがこのネティポット、なかなか街中のお店では見かけません。
専門店でも近くにあれば別ですが。
これはネットで注文した方が早いです。

私の場合は楽天を利用しましたが、Amazonでも売っています。
高価なネティポットもありますが安いネティポットで十分です。
絶対お勧めです。

ネティポットネティポット

安価にできる健康法でこれほどリターンの大きいテクニックは多くはないと思います。
鼻の諸症状でお悩みの方は是非どうぞ!

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・- ・-
【愛知県江南市の在宅専門治療室】

自分に合った食事法をチェック。
 治療室

江南市の脳梗塞・パーキンソン・寝たきり防止
在宅ケア のぞみマッサージサービス
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー